Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府

大阪府は、関係者やイベント参加者が写り込んだ画像データが含まれるカメラを紛失したことを明らかにした。

同府によれば、政策企画部万博誘致推進室において、9月16日に職員がカメラをイベント会場である守口市民体育館へ運び込む際、紛失したもの。

カメラを紙袋に入れ、タクシーのトランクに入れて運搬したが、物品搬入時に確認を行っておらず、その後の所在がわかっていない。

問題のカメラには、2017年4月以降の主要事業やイベントで撮影した画像データを保存。知事を表敬訪問した人物や、博覧会国際事務局調査団の来日時や万博関連イベントの関係者や参加者が写り込んでいる可能性がある。

紛失判明後、タクシー会社や警察に連絡したが、見つかっていない。非公開の会合など、機密データに関しては、消去済みだったという。

(Security NEXT - 2018/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
保育園で園児の画像含む記憶メディアを紛失 - 吹田市
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市