Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、「IoTセキュリティのためのブロックチェーン技術の活用」を公開した。

同資料は、CSAのホワイトペーパー「Using Blockchain Technology to Secure the Internet of Things」を翻訳したもの。同団体のウェブサイトよりダウンロードできる。

IoTシステムにおける安全確保に向け、活用が検討されているブロックチェーンについて、セキュリティを確保する手法を研究、取りまとめたもの。

ブロックチェーンの技術概要を解説するほか、ブロックチェーンを使用する上でのアーキテクチャパターンなどを説明。具体的な利用例についても取り上げている。

(Security NEXT - 2018/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか