Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表

経済産業省は、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブリックコメントを実施し、結果を取りまとめた。国内外から318件の意見が寄せられたという。

同フレームワークは、AIやIoTの利活用が進んだ「Society5.0」や「Connected Industries」において、産業界に求められるセキュリティ対策の全体像を、同省の産業サイバーセキュリティ研究会ワーキンググループが取りまとめたもの。

各事業者が同フレームワークを活用することで、「Society5.0」や「Connected Industries」の実現に求められるセキュリティの確保や、製品、サービスのセキュリティ品質を確保することによる差別化、競争力の強化といった効果が期待できるとしている。

同省ではパブリックコメント案を公開し、4月27日から5月28日まで意見を募集。今回、日本語で245件、英語で73件の意見が提出され、同省では意見の概要と意見に対する同省の考え方を示した。今後は寄せられた意見を踏まえて、同フレームワークの策定に向けた取り組みをさらに進めるとしている。

(Security NEXT - 2018/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
経産省、産業サイバーセキュリティの関連政策を議論するWG設置
日本IBMとセコムが協業、総合的なセキュリティサービスを展開
NEC、物理的セキュリティ対策事業を強化 - 今後3年間で1800億の売上目指す