Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性

無線LAN管理ツール「TP-Link EAP Controller」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。利用する古いサードパーティ製ソフトウェアに起因するという。

同製品は、TP-Link製の業務用無線LAN管理ソフト。同社製アクセスポイントを一元管理できる。今回、「同2.5.3」および以前のバージョンに2件の脆弱性が明らかとなった。

Linux向けの「EAP Controller」における遠隔制御で認証を必要としない「Java Remote Method Invocation (Java RMI)」を利用。デシリアライゼーション攻撃でサーバを遠隔操作されたり、コードを実行されるおそれがあるという。

また同梱された「Apache Commons Collections 3.2.1」の脆弱性に起因すると見られる脆弱性が存在。2015年に明らかとなったデシリアライズ処理に関する脆弱性「CVE-2015-6420」の影響を受ける。

アップデートは用意されておらず、セキュリティ機関では、緩和策として「Apache Commons Collections」や「JRE」について対策を講じたバージョンへアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ