Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会

ブロックチェーン推進協会(BCCC)は、会員企業のテックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」から仮想通貨が不正送金された問題を受け、声明を発表した。

同取引所が不正アクセスを受け、約70億円に相当する仮想通貨が不正流出した件を受けて発表したもの。

今回の問題については、テックビューロにおける安全管理の問題としながらも、ブロックチェーン技術自体に対するイメージの悪化、社会における信頼構築に影響を及ぼすとの懸念を表明。

同協会として、ブロックチェーンを使用した各種サービスにおけるセキュリティ強化を呼びかけるとともに、セキュリティ対策の研究と実装の促進について検討を進めるとした。

また、同協会の副代表を務めていた同社代表取締役の朝山貴生氏は、責任をとって副代表の辞任を申し出て、すでに承認されたという。

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1