Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定

NTTドコモのオンラインショップが、本人以外の第三者によって不正にログインされ「iPhone X」が購入される被害が発生した。個人情報の流出については否定している。

同社によれば、同社の各種ウェブサービスで利用する「dアカウント」を対象に、7月ごろよりおもに海外から「パスワードリスト攻撃」を受けたという。

第三者による不正ログインを通じて購入された「iPhone X」は、約1000台程度と見られているが、同社では他商品の購入状況なども含め、被害状況について確認を進めている。

同社では8月14日に事態を公表。端末宛てに送信するセキュリティコードの入力を求める2段階認証の活用を求め、さらに翌15日12時前からは、購入手続きや申し込み履歴の確認時に2段階認証を適用した。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン - 約16万アカウントで
トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生
JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス
ハードオフ通販サイトにパスワードリスト攻撃
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力