Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大

東京女子医科大学東医療センターにおいて、退職した医師が患者の個人情報を不正に持ち出していたことがわかった。

一部週刊誌が報じたことから明らかになったもので、退職した医師が、在籍中に担当していた患者の個人情報を不正に持ち出していたことが判明したもの。持ち出した個人情報には、氏名や電話番号などが含まれていたとし、同院では対象となる患者へ書面で謝罪している。

同院は、同医師がデータを持ち出した経緯や件数、内容などは明らかにしていない。本誌の取材に対し、同院では「警察に相談し、捜査中の案件であるため、現時点での回答は控える」としてコメントを避けている。

(Security NEXT - 2018/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先