Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも

不正に入手したクレジットカード情報を用いた不正取引の平均単価は、正規取引の平均単価を大きく上回ることがわかった。

Dell Technologiesのセキュリティ部門であるRSAによれば、クレジットカードの不正使用では転売や換金のしやすい高額な商品を購入する傾向が強く、正規の取引より高額になる傾向が見られるという。

具体的に見ると、2018年第1四半期における北南米の不正取引における平均単価は508ドルで、正規取引の228ドルの約2.2倍だった。

イギリスを除いた欧州では、不正取引の平均単価が439ドルで、正規取引の平均単価174ドルに対して約2.5倍にのぼる。

イギリスは不正取引の平均単価が337ドル。正規取引の平均単価が196ドル。豪州とニュージーランドは不正取引の平均単価が306ドルで、正規取引の平均単価が208ドル。いずれも不正取引が正規の取り引きを上回っている。

20180803_rs_001.jpg

(Security NEXT - 2018/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で