Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら

NTTセキュリティは、ビルシステム向けセキュリティ対策ソリューションを提供開始した。販売はNTTファシリティーズが担当する。

今回提供する「IoT時代のビルシステム向けサイバーセキュリティソリューション」は、ビル内の電気設備や空調設備、防災、防犯設備などに対するサイバー攻撃を防御するサービス。これまでに蓄積したサイバー脅威情報や、サイバー脅威分析技術をもとに開発した。

具体的には、ビルシステムにおけるリスクを可視化し、セキュリティ対策の設計や導入支援を行うコンサルティングサービスを提供。さらにビル制御ネットワークを常時監視し、インシデントの検知や分析、攻撃の遮断、月次レポートなどを提供するマネージドセキュリティサービスを用意している。

同ソリューションのリリースを受けて、NTTファシリティーズでは、ビル向けトータルセキュリティソリューションにメニューを追加し、同サービスをワンストップで提供していく。

20180710_nf_001.jpg
マネージドセキュリティサービスの概要(図:NTTファシリティーズ)

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTコム、オフィス入退室や業務端末の認証にマイナンバーカード
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催
クライアントライブラリ「MQTT.js」にサービス拒否へ陥る脆弱性