Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら

NTTセキュリティは、ビルシステム向けセキュリティ対策ソリューションを提供開始した。販売はNTTファシリティーズが担当する。

今回提供する「IoT時代のビルシステム向けサイバーセキュリティソリューション」は、ビル内の電気設備や空調設備、防災、防犯設備などに対するサイバー攻撃を防御するサービス。これまでに蓄積したサイバー脅威情報や、サイバー脅威分析技術をもとに開発した。

具体的には、ビルシステムにおけるリスクを可視化し、セキュリティ対策の設計や導入支援を行うコンサルティングサービスを提供。さらにビル制御ネットワークを常時監視し、インシデントの検知や分析、攻撃の遮断、月次レポートなどを提供するマネージドセキュリティサービスを用意している。

同ソリューションのリリースを受けて、NTTファシリティーズでは、ビル向けトータルセキュリティソリューションにメニューを追加し、同サービスをワンストップで提供していく。

20180710_nf_001.jpg
マネージドセキュリティサービスの概要(図:NTTファシリティーズ)

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Tomcat Native 1.2.24」が公開 - OpenSSL脆弱性に対応
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
「Webmin」のソースコード改ざんで脆弱性、攻撃コード公開 - アクセス増加の観測も
OTネットワークのリスク可視化サービス
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー