Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向

一方、クリックされた時間帯を見ると、米国を除き、全体的に午前中にクリックが多く、以降減少するが、米国では昼休みがもっとも多かった。

日本を見ると、他国と同様に午前中のクリックが多いが、特に多くの企業や団体の始業時間にあたる9時から10時に集中。昼休みの前後も増加が見られた。

また終業を迎える夕方から夜にかけて上昇する傾向は他国に見られない特徴となっている。

20180621_pp_001.jpg
悪意あるメールがクリックされた時間帯(グラフ:Proofpoint)

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」