Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティアナリストや研究者を対象とした「Japan Security Analyst Conference 2019(JSAC 2019)」を2019年1月18日に都内で開催する。特設サイトをオープンし、同イベントに向けた論文募集(CFP)を開始した。

同イベントは、インシデントやマルウェアなどへの対応などをテーマとしたカンファレンス。セキュリティに関する分析、関係者における対応能力などの技術向上、情報共有の推進などに向けて2018年にスタートした。今回で2回目となる。

おもな対象者は、マルウェア、フォレンジック、SOC、ネットワーク、インテリジェンスなどのアナリスト、インシデント対応者、セキュリティ研究者など。

国際カンファレンスと同レベルの内容を日本語で聴講できるカンファレンスを目指しており、実際に前回登壇者は、今夏の「Black Hat」に登壇を予定している。

会場は、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで参加費は無料。定員は300人。申し込み方法については、11月ごろにアナウンスされる予定。

20180618_jp_004.jpg
Japan Security Analyst Conference 2019の開催概要

(Security NEXT - 2018/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
IoTセキュリティがテーマのセミナーイベントを開催 - JNSA
「Security Days Spring 2018」を全国4カ所で開催 - 事前登録を受付
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催