Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティアナリストや研究者を対象とした「Japan Security Analyst Conference 2019(JSAC 2019)」を2019年1月18日に都内で開催する。特設サイトをオープンし、同イベントに向けた論文募集(CFP)を開始した。

同イベントは、インシデントやマルウェアなどへの対応などをテーマとしたカンファレンス。セキュリティに関する分析、関係者における対応能力などの技術向上、情報共有の推進などに向けて2018年にスタートした。今回で2回目となる。

おもな対象者は、マルウェア、フォレンジック、SOC、ネットワーク、インテリジェンスなどのアナリスト、インシデント対応者、セキュリティ研究者など。

国際カンファレンスと同レベルの内容を日本語で聴講できるカンファレンスを目指しており、実際に前回登壇者は、今夏の「Black Hat」に登壇を予定している。

会場は、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで参加費は無料。定員は300人。申し込み方法については、11月ごろにアナウンスされる予定。

20180618_jp_004.jpg
Japan Security Analyst Conference 2019の開催概要

(Security NEXT - 2018/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始