Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティアナリストや研究者を対象とした「Japan Security Analyst Conference 2019(JSAC 2019)」を2019年1月18日に都内で開催する。特設サイトをオープンし、同イベントに向けた論文募集(CFP)を開始した。

同イベントは、インシデントやマルウェアなどへの対応などをテーマとしたカンファレンス。セキュリティに関する分析、関係者における対応能力などの技術向上、情報共有の推進などに向けて2018年にスタートした。今回で2回目となる。

おもな対象者は、マルウェア、フォレンジック、SOC、ネットワーク、インテリジェンスなどのアナリスト、インシデント対応者、セキュリティ研究者など。

国際カンファレンスと同レベルの内容を日本語で聴講できるカンファレンスを目指しており、実際に前回登壇者は、今夏の「Black Hat」に登壇を予定している。

会場は、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで参加費は無料。定員は300人。申し込み方法については、11月ごろにアナウンスされる予定。

20180618_jp_004.jpg
Japan Security Analyst Conference 2019の開催概要

(Security NEXT - 2018/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘