Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県

佐賀県教育委員会は、教育情報システムが不正アクセスを受けて個人情報などが流出した問題を受け、2017年度におけるセキュリティ状況について内部監査を実施し、結果を取りまとめた。

同問題は、2016年に同県教育情報システムや県内中高校の学内ネットワークが不正アクセスを受けたもの。生徒や保護者、教職員の個人情報や成績関連情報など9589人分の個人情報が流出した

同教委では、第三者委員会の提言を踏まえ、2016年12月に10項目からなる「佐賀県学校教育ネットワークセキュリティ対策実施計画」を策定。2017年度における取組状況を公表した。

情報セキュリティ内部監査にあたっては、全県立学校45校を訪問して実施した。

(Security NEXT - 2018/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区
中学校保健室で生徒連絡票が所在不明 - さいたま市
女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
教員採用試験の問題案含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委