Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県

佐賀県教育委員会は、教育情報システムが不正アクセスを受けて個人情報などが流出した問題を受け、2017年度におけるセキュリティ状況について内部監査を実施し、結果を取りまとめた。

同問題は、2016年に同県教育情報システムや県内中高校の学内ネットワークが不正アクセスを受けたもの。生徒や保護者、教職員の個人情報や成績関連情報など9589人分の個人情報が流出した

同教委では、第三者委員会の提言を踏まえ、2016年12月に10項目からなる「佐賀県学校教育ネットワークセキュリティ対策実施計画」を策定。2017年度における取組状況を公表した。

情報セキュリティ内部監査にあたっては、全県立学校45校を訪問して実施した。

(Security NEXT - 2018/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市