Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県

重要情報資産の管理に関する8項目において32校に指摘または指導を行った。また、端末の使用では26校、人的セキュリティでは10校、物理的セキュリティでは37校を対象に指導を実施した。

具体的に見ると、16校において紙媒体の情報資産が一部鍵のかからない場所に保管されていたことが発覚。7校で、個人所有の外部記録媒体を校長の許可を得ず使用していた。

また、9校で校務用パソコン本体にデータを保存している職員がいたほか、10校でワイヤーなどによる盗難防止措置が取られていない端末が見つかった。

2017年度に指摘や指導を行った事項については、すべて改善済みとしている。

(Security NEXT - 2018/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県