Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG

KPMGコンサルティングは、スマートファクトリーにおけるサイバーセキュリティ管理体制を評価するための「スマートファクトリーサイバーセキュリティ評価フレームワーク」を開発したと発表した。

同フレームワークは、制御システムを中心とした情報システム、クラウド、IoT、サプライチェーンなどを含む工場や製造プロセス全体における、サイバーセキュリティの管理体制について網羅的に評価する枠組み。

経営や管理視点、技術的対策にくわえ、セキュリティに対する意識やスキル、リスク管理プロセス、運用体制など人的要因といった観点で構成。注力すべき領域や課題、必要な対策を整理できる。

同社では、スマートファクトリーサイバーセキュリティ支援サービスで同フレームワークを活用。今後は、世界154カ国で展開する同社のグローバルネットワークを通じて、日本企業の海外製造拠点向けにサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも