Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処

Appleは、スマートデバイス向けの最新OS「iOS 11.4」において、CVEベースで35件の脆弱性を修正したことを明らかにした。

20180604_ap_001.jpg
「iOS 11.4」の詳細を明らかにしたApple

今回のアップデートでは、公開当初、修正内容を明らかにしていなかったが、情報を更新し、修正内容を明らかにしたもの。

WebKitに関する脆弱性12件を修正したほか、「カーネル」「メッセージ」「Siri」において、それぞれ関連する脆弱性3件を解消した。

さらにセキュリティに関する脆弱性5件を修正。このうち1件は、「EFAIL」とされる「S/MIME」の処理に起因する脆弱性「CVE-2018-4221」で、同脆弱性に加え「メール」における「MIME」処理の脆弱性「CVE-2018-4227」に関しても対処した。これら含め、CVEベースであわせて35件の脆弱性に対応している。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-4100
CVE-2018-4188
CVE-2018-4190
CVE-2018-4192
CVE-2018-4198
CVE-2018-4199
CVE-2018-4201
CVE-2018-4202
CVE-2018-4204
CVE-2018-4211
CVE-2018-4214
CVE-2018-4215
CVE-2018-4218
CVE-2018-4221
CVE-2018-4222
CVE-2018-4223
CVE-2018-4224
CVE-2018-4225
CVE-2018-4226
CVE-2018-4227
CVE-2018-4232
CVE-2018-4233
CVE-2018-4235
CVE-2018-4237
CVE-2018-4238
CVE-2018-4239
CVE-2018-4240
CVE-2018-4241
CVE-2018-4243
CVE-2018-4244
CVE-2018-4246
CVE-2018-4247
CVE-2018-4249
CVE-2018-4250
CVE-2018-4252

(Security NEXT - 2018/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定