Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響

暗号化技術「OpenPGP」「S/MIME」をサポートする多くのメールクライアントに脆弱性が含まれていることがわかった。攻撃者によって暗号化されたテキストを外部から平文で取得されるおそれがある。

20180515_ef_001.jpg
「EFAIL」のウェブサイト

主要なメールクライアントにおいて、リモートからの攻撃により、暗号化されたメールからプライベートキーなしにテキスト情報を取得されるおそれがある脆弱性が判明したもの。

メールに関わる脆弱性であり、発表したミュンスター大学やルール大学の研究グループは、「e-Mail」の脆弱性にちなみ、「EFAIL」と命名している。

「EFAIL」には、「Appleメール」「iOSメール」「Mozilla Thunderbird」など、メールクライアントに起因した脆弱性がある一方、「OpenPGP」「S/MIME」の標準に準拠した環境でも影響を受ける脆弱性が含まれる。

(Security NEXT - 2018/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ
「WonderCMS」にサーバ上のファイルを削除される脆弱性 - 過去の修正が不十分で
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み