Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック

ラックは、IoT機器におけるハードウェアの脆弱性や通信内容などを診断する「IoTセキュリティ診断サービス」の提供を開始した。

同サービスは、診断対象の業務内容にそってシナリオを作成し、IoTのセキュリティに関する各種ガイドも踏まえた上でIoT機器における物理面や通信面での脆弱性を診断、改善策を報告するもの。

具体的には、IoT機器のインターフェースやプログラム、ファームウェアにくわえ、スマートフォンアプリやサーバーアプリなどと送受信する通信プロトコルなどについても診断を実施する。

診断期間は、シナリオ作成など含め、最低3カ月ほどを見込んでいる。料金は平均的なケースとして108万円から。

(Security NEXT - 2018/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン