Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院

福岡大学筑紫病院において、患者の氏名などが保存されたノートパソコンが盗難に遭い、所在がわからなくなっていることがわかった。

同院によれば、ナースステーションで利用していたノートパソコン1台が何者かによって持ち去られたことが5月16日に判明したもの。

同端末には入院患者1309人分の氏名や職員の名字が保存されていた。医師と看護師によるミーティングの議事録も端末内に保存されていたが、病状など患者に関する記載は含まれていないとしている。

職員が最後に端末を利用したのは5月9日12時半過ぎで以降の所在がわかっていない。同院では、5月9日より院内で工事を行っており、問題のナースステーションには、工事関係者や限られた一部関係者以外、出入りできない状態だったとしている。

(Security NEXT - 2018/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ