Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院

福岡大学筑紫病院において、患者の氏名などが保存されたノートパソコンが盗難に遭い、所在がわからなくなっていることがわかった。

同院によれば、ナースステーションで利用していたノートパソコン1台が何者かによって持ち去られたことが5月16日に判明したもの。

同端末には入院患者1309人分の氏名や職員の名字が保存されていた。医師と看護師によるミーティングの議事録も端末内に保存されていたが、病状など患者に関する記載は含まれていないとしている。

職員が最後に端末を利用したのは5月9日12時半過ぎで以降の所在がわかっていない。同院では、5月9日より院内で工事を行っており、問題のナースステーションには、工事関係者や限られた一部関係者以外、出入りできない状態だったとしている。

(Security NEXT - 2018/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社