Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無許可で持ち帰った業務用記録メディアが鞄ごと盗難被害 - さいたま市

さいたま市は、水道局の職員が業務情報を含む記録メディアを外部に持ち出し、盗難被害に遭ったことを明らかにした。

同市によれば、同局財務課の職員が在宅作業する際、3月11日に許可なく光ディスクを持ち出し、そのまま鞄から取り出すのを忘れていたところ、同月13日の帰宅途中に鞄ごと盗難被害に遭った。

職場において光ディスクのデータ消去作業を行ったが、完全に消去されたことを確認できなかったことから、自宅で破棄しようと持ち出していたという。

メディアの内部には水道局職員391人、会計年度任用職員7人、個人1人、53事業者において振込先となる金融機関の口座情報が保存されていたと見られる。金融機関、支店、口座番号や名義、振込金額、振込日などが含まれる。

同市では対象となる関係者に、電話で経緯について説明し、謝罪を行った。

データ持ち出し時における情報管理者の許可や、返却時の確認、使用後の光ディスクをシュレッダーで粉砕処理するなど、対策を徹底して再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2024/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開