Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市

福井市は、公立保育園の個人情報含むUSBメモリが盗難被害に遭ったことを明らかにした。

同市によれば、公立保育園の保育士が自宅で仕事をするため、同園所有のUSBメモリを持ち帰ったところ、車上荒らしによる盗難被害に遭ったもの。1月19日に判明した。

同保育士は、自家用車の助手席にトートバックを置いたままにしていたところ、翌々日に出勤する際、トートバック内のUSBメモリを入れていた筆入れが見当たらないことに気づいた。

筆入れ以外にもリュックサックがなくなっており、盗難にあった可能性が高いとして警察へ届けた。車は施錠していなかったという。

問題のUSBメモリには、同園の保育記録対象者8人分の個人情報が記録されていた。氏名、生年月日、性別のほか、2023年4月から2024年1月までの保育内容が含まれる。データは暗号化されていなかった。

(Security NEXT - 2024/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性