Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー

20180528_ma_001.jpg
記者説明会に登壇したマカフィークラウドセキュリティ営業本部本部長 の露木正樹氏

マカフィーは、同社のCASB(Cloud Access Security Broker)ソリューションである「McAfee Skyhigh Security Cloud」において、対応クラウドサービスを拡張できる「McAfee CASB Connect Program」を6月初旬より提供する。価格は未定。

同プログラムは、利用者側でCASBとクラウドアプリケーションのAPI連携を実現するためのフレームワークを提供するもの。クラウドサービスの利用企業や、クラウドサービスプロバイダが活用できる。

同プログラムを利用することで、クラウド側にAPIが用意されていれば、プログラムをコーディングすることなく、XMLにより定義するだけでAPI連携を実現。CABS上での管理や制御などが可能となる。

(Security NEXT - 2018/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携