Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー

20180528_ma_001.jpg
記者説明会に登壇したマカフィークラウドセキュリティ営業本部本部長 の露木正樹氏

マカフィーは、同社のCASB(Cloud Access Security Broker)ソリューションである「McAfee Skyhigh Security Cloud」において、対応クラウドサービスを拡張できる「McAfee CASB Connect Program」を6月初旬より提供する。価格は未定。

同プログラムは、利用者側でCASBとクラウドアプリケーションのAPI連携を実現するためのフレームワークを提供するもの。クラウドサービスの利用企業や、クラウドサービスプロバイダが活用できる。

同プログラムを利用することで、クラウド側にAPIが用意されていれば、プログラムをコーディングすることなく、XMLにより定義するだけでAPI連携を実現。CABS上での管理や制御などが可能となる。

(Security NEXT - 2018/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan