Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー

20180528_ma_001.jpg
記者説明会に登壇したマカフィークラウドセキュリティ営業本部本部長 の露木正樹氏

マカフィーは、同社のCASB(Cloud Access Security Broker)ソリューションである「McAfee Skyhigh Security Cloud」において、対応クラウドサービスを拡張できる「McAfee CASB Connect Program」を6月初旬より提供する。価格は未定。

同プログラムは、利用者側でCASBとクラウドアプリケーションのAPI連携を実現するためのフレームワークを提供するもの。クラウドサービスの利用企業や、クラウドサービスプロバイダが活用できる。

同プログラムを利用することで、クラウド側にAPIが用意されていれば、プログラムをコーディングすることなく、XMLにより定義するだけでAPI連携を実現。CABS上での管理や制御などが可能となる。

(Security NEXT - 2018/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス