Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大

京都薬科大学は、客員教授のメールアカウントが乗っ取り被害に遭い、迷惑メール送信の踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、客員教授1人のメールアカウントが被害に遭い、4月19日から5月11日までにスパムメールやフィッシングメールなど少なくとも3699件のメールが意図せず不特定多数に対して送信されたという。4月19日以前についてはログが残っておらず、同アカウントが悪用された期間は不明。

第三者によってアカウント情報が奪われており、同大ではフィッシングなどの被害に遭ったものと見ているが、本人は身に覚えがないと話しており、詳しい原因はわかっていないという。

同メールアカウントにおいて、同教授が個人的に送受信したメールが攻撃者によって取得された可能性があるが、ログが残っておらず、確認できない状態となっている。

(Security NEXT - 2018/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文