Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大

京都薬科大学は、客員教授のメールアカウントが乗っ取り被害に遭い、迷惑メール送信の踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、客員教授1人のメールアカウントが被害に遭い、4月19日から5月11日までにスパムメールやフィッシングメールなど少なくとも3699件のメールが意図せず不特定多数に対して送信されたという。4月19日以前についてはログが残っておらず、同アカウントが悪用された期間は不明。

第三者によってアカウント情報が奪われており、同大ではフィッシングなどの被害に遭ったものと見ているが、本人は身に覚えがないと話しており、詳しい原因はわかっていないという。

同メールアカウントにおいて、同教授が個人的に送受信したメールが攻撃者によって取得された可能性があるが、ログが残っておらず、確認できない状態となっている。

(Security NEXT - 2018/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構
大阪府新婚世帯支援事業の元委託先に不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大