Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、8月4日より米国ラスベガスで開催されるセキュリティカンファレンス「Black Hat USA 2018」において、標的型攻撃のインシデント対応を学ぶトレーニングプログラムを提供する。

同社では、今回はじめて同イベントのCFP(Call for Papers)に応募し、採択されたもの。同社のセキュリティエンジニアチームが4日間のトレーニングについて講師を務める。

プログラムは、マルウェア解析とデジタルフォレンジックを組み合わせ、標的型攻撃のインシデント対応を学ぶ内容。

インシデント対応では、マルウェアや攻撃ツールの特定、分析、ネットワーク内でのラテラル展開や情報漏洩の把握、ネットワークやデータに対する影響の調査、再発防止策など、多くの対応が求められるが、これらを包括的に修得することを目指しているという。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版