Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、情報処理安全確保支援士向けの特定講習「Response Practice for Cyber Incidents(RPCI)」の受講受付を開始した。

同講習は、インシデントハンドリングの流れを学ぶ実践的なサイバー演習。国家資格である情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の資格更新において3年に1度受講が必要となる「実践講習」として認定された「特定講習」となる。

従来は更新にあたり情報処理推進機構(IPA)の講習を受講する必要があったが、キャリアパスに応じて専門的な講習を選択できるよう2020年5月に「特定講習」の制度を導入。2021年4月にあらたに23講座が「特定講習」に認定されたが、公的機関としては情報通信研究機構が唯一指定を受けている。

「RPCI」は、事前のオンライン学習と集合演習を組み合わせたハンズオンをメインとした演習で、CSIRTの一員となって実際のサイバー攻撃を想定したシナリオに対応。大規模環境で実際の機器やソフトウェアを操作し、インシデントの検知から事後対応までインシデントハンドリングの流れを学習する。

8月、9月に開催する予定で会場はNICTイノベーションセンター。定員は1回につき48名で受講費用は8万8000円(税込)。詳細は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名