Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、情報処理安全確保支援士向けの特定講習「Response Practice for Cyber Incidents(RPCI)」の受講受付を開始した。

同講習は、インシデントハンドリングの流れを学ぶ実践的なサイバー演習。国家資格である情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の資格更新において3年に1度受講が必要となる「実践講習」として認定された「特定講習」となる。

従来は更新にあたり情報処理推進機構(IPA)の講習を受講する必要があったが、キャリアパスに応じて専門的な講習を選択できるよう2020年5月に「特定講習」の制度を導入。2021年4月にあらたに23講座が「特定講習」に認定されたが、公的機関としては情報通信研究機構が唯一指定を受けている。

「RPCI」は、事前のオンライン学習と集合演習を組み合わせたハンズオンをメインとした演習で、CSIRTの一員となって実際のサイバー攻撃を想定したシナリオに対応。大規模環境で実際の機器やソフトウェアを操作し、インシデントの検知から事後対応までインシデントハンドリングの流れを学習する。

8月、9月に開催する予定で会場はNICTイノベーションセンター。定員は1回につき48名で受講費用は8万8000円(税込)。詳細は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業