Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市

大阪市は、教育委員会がウェブサイトで公開した一部文書において、墨塗り処理を行ったものの問題があり、個人情報が閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同市によれば、同市教委が同市サイト上で4月26日に公開した会議の議案資料において、個人情報が誤って公開されていることが5月1日に判明したもの。期間中に37件のアクセスがあったとしている。

閲覧可能だったのは、審査請求人の氏名や住所、電話番号、印影など。本人からの連絡で問題に気が付き、同市ではデータを削除するとともに謝罪した。

問題のPDFファイルは、公開時にPDFを扱うソフトウェアの描画ツールを使って審査請求人の個人情報について墨塗り処理を行ったが、特定操作を行うことで閲覧することが可能だったという。また描画ツールで行った処理に対応していないソフトウェアを利用すると、墨塗りのない状態で表示される状態だった。

(Security NEXT - 2018/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学生自殺問題の報告資料で墨塗り処理にミス - 神戸市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
会議配布資料で不十分な墨塗り、意見提出者の個人情報が漏洩 - 経産省
水俣病の認定申請資料に関係ない個人情報、墨塗りを失念 - 新潟県
個人情報をウェブサイトに誤記載 - 多摩市立図書館
情報公開した公文書リストに個人情報 - 堺市
郵送された住民票の写し交付請求書を紛失 - 大阪市
埼玉県から受託した自動車税納付書をサンプル利用で紛失 - 野村総研