Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市

さらに同市教委では今回の問題を受けて調査を実施したところ、2017年12月5日に公開した団体要望書1件について、団体関係者の氏名、住所、電話番号の墨塗り部分が同様の状態になっていることが判明した。

同資料に対しては、問題が判明し、公開を中止した5月2日までに91件のアクセスがあった。同市ではデータを削除し、対象となる団体関係者に謝罪している。

また同市では、市内の小学校で児童1人の指導要録写しおよび健康診断票が所在不明となっていることを明らかにした。3月23日に判明したもので、児童や保護者の氏名、住所、入学と転学の年月日、転学学校名のほか、学習や行動の記録、健康診断の内容などが含まれる。

同校では児童の自宅を訪問。事情を説明、謝罪している。

(Security NEXT - 2018/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
複数の開示文書データに個人情報、墨塗りするも識別可能に - 豊田市
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
調査対象者や抗議文発信者の情報が漏洩、墨塗り不十分で - 大阪府
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市