Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政務活動費収支報告書の関連書類でマスキング漏れ - 鹿児島市

鹿児島市は、市議会ウェブサイトなどで公開している政務活動費収支報告書に関し、添付資料の個人情報部分においてマスキング漏れがあったことを明らかにした。

同市議会事務局によれば、市議会ウェブサイトなどで各会派が提出した2017年度分から2022年度分の政務活動費の収支報告に関する資料を公開しているが、そのうち2021年度分の領収書などにおいて、確認不足により不開示とすべき個人情報部分を特定されないよう墨塗りする処理が一部漏れていた。

議員の電話番号、関係者や会派事務補助員、民間企業従業員の氏名など13人分の個人情報が参照できる状態だった。

現在公開している収支報告書について、あらためて複数の職員で不開示情報の有無を確認し、マスキング漏れのあったものについて差し替えた。また対象者に対する謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も