Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める

Twitterにおいて、パスワードが平文のままログへ保存されていたことが判明した問題を受け、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、政府の各府省庁に注意喚起を行った。

本来Twitterの社内で保存されることがないユーザーのハッシュ化していないパスワードが、ログに保存されていたことが判明したもの。外部への流出や悪用は確認されていないとしながらも、同社では変更を検討するようアナウンスしている。

今回の問題を受け、業務で情報発信などにTwitterを使用している府省庁に対し、Twitterのパスワードを変更するとともに、同サービスと同じパスワードを使用するほかのシステムやサービスについても、あわせて変更するよう注意を喚起。

また今回の問題について、所管する独立行政法人などの法人や、重要インフラ事業者をはじめ、業界団体などを通じて所管する業界の事業者へ周知を図るよう求めている。

(Security NEXT - 2018/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大