Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市

横浜市は、マイナンバー通知カードの再交付申請に対応した職員が、業務で知った個人情報を私的に利用したとして、同職員に対し懲戒処分を実施した。

同市によれば、マイナンバー通知カードの再交付申請に訪れた住民に対応した金沢区の戸籍課の職員が、勤務時間終了後に申請書に記載された連絡先に自身の携帯電話から連絡し、さらにショートメッセージを送信していたという。

同市ではこの問題を受け、同職員に対し4月19日付けで減給3カ月とする懲戒処分を行った。また、管理監督者である課長級職員、係長級職員に処分を実施した。

(Security NEXT - 2018/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
個人情報漏洩で弘前市の職員が逮捕
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ
従業員の顧客情報漏洩、金銭目的や強要否定 - 北洋銀
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク