Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市

横浜市は、マイナンバー通知カードの再交付申請に対応した職員が、業務で知った個人情報を私的に利用したとして、同職員に対し懲戒処分を実施した。

同市によれば、マイナンバー通知カードの再交付申請に訪れた住民に対応した金沢区の戸籍課の職員が、勤務時間終了後に申請書に記載された連絡先に自身の携帯電話から連絡し、さらにショートメッセージを送信していたという。

同市ではこの問題を受け、同職員に対し4月19日付けで減給3カ月とする懲戒処分を行った。また、管理監督者である課長級職員、係長級職員に処分を実施した。

(Security NEXT - 2018/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市