Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル

さらに1段階低い重要度「中(Medium)」は16件。URL偽装の問題が8件を占めるほか、フルスクリーン画面におけるUIの偽装などを対処している。そのほかは、いずれも重要度「低(Low)」だった。

また開発チームでは、今後の本格リリースに向けて、今回の更新にセキュリティ強化策であるオプション機能「Site Isolation」のトライアルを盛り込んだ。同機能は、サンドボックスを利用することで異なるサイト間でデータを取得されることを防止するとしている。

同機能により、同一生成元ポリシーがバイパスされた場合であっても、情報漏洩といった被害を防ぐことができると説明。別名「Spectre」で知られる脆弱性の影響を緩和する効果もあるとしている。

開発チームでは、今後のリリースに向けて試用し、問題があった場合はレポートしてほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ