Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、メールフィルタリングソリューション「GUARDIANWALL Mailファミリー」と、ウェブフィルタリングソリューション「GUARDIANWALL Webファミリー」の新バージョンを4月20日より提供開始する。

最新版となる「同Ver 1.2」では、両製品の連携を実現。さらにトレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」との連携に対応した。

「GUARDIANWALL Mailファミリー」では、マルウェアやスパムへの対策機能をオプションとして追加。また危険と判断されたURL情報を「GUARDIANWALL Webファミリー」に自動で登録することが可能。

初年度の価格は、50ユーザーで「GUARDIANWALL MailFilter」を利用した場合、28万1880円。25ユーザーで「GUARDIANWALL WebFilter」を利用した場合、16万2000円。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充