Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン

具体的には、2012年から2016年にかけて、ポルシェスポーツドライビングスクール(PSDS)の資料請求を行った顧客や、2017年4月から2018年1月にかけて同スクールのメールマガジンに登録した顧客の情報流出があらたに明らかとなった。

メールアドレスや特別コンテンツのログイン認証で用いていたハッシュ化したパスワードなど、最大で2855件が流出したという。

一方、調査中としていた3件のメールアドレスに関しては、テスト用であることが判明。これらを踏まえ、流出した顧客情報は最大3万1574件としている。

また従来の発表では、メールアドレスの情報流出以外にもデータベース内に他情報が含まれており、影響について調べていたが、これらに関する調査結果も明らかになった。

(Security NEXT - 2018/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
SaaSへの不正アクセスでクレカ情報流出か - 支那そば通販サイト
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀