Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン

具体的には、2012年から2016年にかけて、ポルシェスポーツドライビングスクール(PSDS)の資料請求を行った顧客や、2017年4月から2018年1月にかけて同スクールのメールマガジンに登録した顧客の情報流出があらたに明らかとなった。

メールアドレスや特別コンテンツのログイン認証で用いていたハッシュ化したパスワードなど、最大で2855件が流出したという。

一方、調査中としていた3件のメールアドレスに関しては、テスト用であることが判明。これらを踏まえ、流出した顧客情報は最大3万1574件としている。

また従来の発表では、メールアドレスの情報流出以外にもデータベース内に他情報が含まれており、影響について調べていたが、これらに関する調査結果も明らかになった。

(Security NEXT - 2018/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も