Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート詐欺被害でイベント参加者名簿が流出の可能性 - 山口市

山口市は、やまぐちサッカー交流広場の職員がサポート詐欺に遭い、イベント参加者の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同市によれば、八坂地区むらづくり協議会を指定管理者とするやまぐちサッカー交流広場において、3月2日20時ごろ、職員が施設のパソコンでインターネットを閲覧していた際、画面に表示された偽のセキュリティ警告にだまされる被害に遭ったという。

職員は偽警告に表示された連絡先に電話。通話先の人物による指示に従いパソコンを操作したところ、画面が黒くなりパソコンを使用できなくなった。

ネットワークからパソコンを隔離するまでに同施設のサーバへ不正アクセスされ、指定管理者が主催したイベントの参加者名簿が流出した可能性がある。名簿には120人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、年齢が含まれていた。

流出の有無について引き続き調査を進めるとともに、指定管理者より流出の可能性がある対象者に対して経緯の報告や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2024/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県