Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社

ソフトウェア開発やSaaS型サービスを提供しているアジャイルウェアは、プロジェクト管理サービス「Lychee Redmine」の問い合わせページにおいて不備があり、個人情報が流出したことを明らかにした。キャッシュ設定に誤りがあったという。

同社によれば、ウェブサイトの表示速度を改善するため、2021年9月28日にキャッシュ設定を行って以降、アップグレードの申し込みフォームや問い合わせフォームなど5ページにおいて、特定の条件下で関係ない別の顧客に関する個人情報が表示される不具合が生じていたという。

第三者に閲覧された可能性があるのは、2021年9月28日から2024年2月27日までに対象ページから問い合わせを行った顧客1210人。氏名、電話番号、メールアドレス、会社名、所属部署、役職、問い合わせ内容などが対象となる。

2月27日に顧客から問い合わせがあり問題が判明した。第三者による不正アクセスは否定しており、既存利用者向けの問い合わせシステムについては対象外。

同社では個人情報を閲覧された可能性のある顧客に対し、メールで連絡を取っている。キャッシュについては削除し、対象ページのキャッシュ機能を無効化。現在は、問題は解消されている。

(Security NEXT - 2024/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ