Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か

兵庫県播磨町は、同町教育委員会に設置されたサーバに対する不正アクセスや、マルウェア感染の被害が確認されたことを明らかにした。個人情報の流出については否定している。

町立小学校と中学校で使用する「校務支援システム」の管理サーバが不正アクセスを受けたことが、3月15日に判明したもの。同サーバがマルウェアに感染し、対応時に不正アクセスの被害を把握したという。

同町によれば、不正アクセスを受けた期間や回数、原因などは調査中としているが、感染したマルウェアは「ランサムウェア」だと見られている。

また「校務支援システム」では児童や生徒、教諭の情報を扱っているが、不正アクセスを受けた管理サーバとは別のサーバに保存されており、これらサーバからの情報流出は確認されなかったと説明している。

同町ではネットワークを切断してマルウェアの駆除を実施。原因や被害状況の調査を進めるとともに、保守体制の見直しを図るとしている。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
メールで複数従業員がマルウェア感染、サーバより秘密鍵が盗難 - コインチェック
宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず