Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ不正利用被害、2022年3Qは102.7億円 - 前四半期比3.5%減

2022年第3四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は約102億7000万円だった。前四半期から減少するも3四半期連続で100億円を上回り、高い水準で推移している。

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に、銀行、信販会社、流通におけるクレジットカード事業者、中小の小売団体など41社を対象としてクレジットカードの不正使用被害の状況を調査し、取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は約102億7000万円。前四半期の約106億4000万円から3.5%減少と改善が見られたが、3四半期連続で100億円超の被害が確認されている。

内訳を見ると、番号盗用被害は約95億9000万円。前四半期の約100億8000万円から4.9%減となり、100億円を下回った。偽造カードによる被害が約1億円、その他被害が約5億8000万円となっている。

20230105_jc_001.jpg
3四半期連続でクレジットカードの不正利用被害額が100億円を超えている(グラフ:日本クレジット協会の発表をもとに作成)

(Security NEXT - 2023/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ