Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も

年々変化を見せるサイバーセキュリティに関する脅威。「ランサムウェア」や「ビジネスメール詐欺」などは、2017年に多くのセキュリティ専門家が注目したトピックだ。

20180409_js_017.jpg
伊東氏

「ビジネスメール詐欺」に関しては国内大手航空会社で被害が発生し、ランサムウェアは、一部工場が停止するなど、脅威の現実味が増している。なかでもランサムウェアの「WannaCry」は、謎も多くさまざまな憶測を呼んだ。

陸上自衛隊でシステム防護隊の初代隊長も務め、現在は経済産業省大臣官房でサイバーセキュリティ・情報化審議官を務める伊東寛氏は、こうした脅威をどのように見ているのだろうか。

日本スマートフォンセキュリティ協会の「JSSEC セキュリティフォーラム2018」に登壇した伊東氏は、個人的な見解をまじえつつ、脅威について解説。「WannaCry」については他ランサムウェアにはない特異点を指摘し、独自にプロファイリングをしてみせた。

さらに脅威にさらされる産業界の課題を説明。災害などに強いはずの制御システムが、サイバー攻撃に弱い理由や今後の課題についてポイントを紹介。

さらにサイバーセキュリティ人材の不足や、サイバーセキュリティ経営についても言及した。講演の詳細はJSSECのウェブサイトより読むことができる。

(提供:日本スマートフォンセキュリティ協会 - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
【特別企画】IoTで実現する「データ主導社会」、成功のカギは? - 総務省谷脇氏
【特別企画】セキュアなIoT活用の重要性が問われる時代に - 安田浩氏
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC