Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院

名古屋大学医学部付属病院において、患者の個人情報が保存されたノートパソコンとUSBメモリが盗難被害に遭っていたことがわかった。

同院によれば、2月25日17時ごろ、勉強会に出席した同院所属の研究生が、帰りに寄り道した都内のゲームセンターで所有するノートパソコンとUSBメモリが入った鞄を盗まれたという。

被害に遭ったパソコンとUSBメモリには、博士論文の執筆のため、2017年8月ごろに同院医師より提供を受けた臨床研究データが保存されていた。

氏名や性別、生年月日、IDのほか、慎重、体重、病歴、既往歴、服薬内容、検査データや所見、手術内容、術後の経過、再発の状態など、同院で治療を受けた患者1539人分の個人情報が含まれる。またパソコンとUSBメモリには大垣市民病院の患者情報1422人分の情報も保存されており、あわせて2961件にのぼる。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市