Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院

名古屋大学医学部付属病院において、患者の個人情報が保存されたノートパソコンとUSBメモリが盗難被害に遭っていたことがわかった。

同院によれば、2月25日17時ごろ、勉強会に出席した同院所属の研究生が、帰りに寄り道した都内のゲームセンターで所有するノートパソコンとUSBメモリが入った鞄を盗まれたという。

被害に遭ったパソコンとUSBメモリには、博士論文の執筆のため、2017年8月ごろに同院医師より提供を受けた臨床研究データが保存されていた。

氏名や性別、生年月日、IDのほか、慎重、体重、病歴、既往歴、服薬内容、検査データや所見、手術内容、術後の経過、再発の状態など、同院で治療を受けた患者1539人分の個人情報が含まれる。またパソコンとUSBメモリには大垣市民病院の患者情報1422人分の情報も保存されており、あわせて2961件にのぼる。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院