Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算

もっとも危険なサイバー犯罪の発生源を「国家」とており、サイバースパイ活動がもっとも盛んな国は中国と指摘。知的財産の窃取がサイバー犯罪被害の25%以上を占めており、軍需技術の窃取など国家安全保障に影響を及ぼす脅威であるとした。

またロシア、北朝鮮、イランでは、金融機関を標的とした攻撃が活発に展開されているという。

さらにエクスプロイトキットやボットネットの貸し出しなど、犯罪者向けのツールやサービスの市場も活況で、6000を超えるオンラインのブラックマーケットでは、ランサムウェアをサービスとして提供するいわゆる「RaaS」が普及していた。

(Security NEXT - 2018/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
カスペとインターポール、サイバー犯罪捜査の協定を再延長
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC
カスペルスキー、代表取締役社長に元ソニックウォールの藤岡健氏