Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始

サービス&セキュリティは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を大阪府内に開設し、セキュリティ機器の運用監視サービスを提供開始した。

同センターを活用し、セキュリティ機器の運用監視やログ解析などのサービスを提供するもの。SOCの開設にあたっては3億円を投資したとしている。

ファイアウォールやウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、IDS、IPSなどの運用監視では、グループ会社であるセキュアソフトをはじめ、9社の機器に対応。

さらにセキュリティ機器のログを相関分析するログ監視サービスやウェブサイトの改ざん検知サービス、企業システムの脆弱性診断サービスなども提供する。

運用監視サービスの料金は、月額30万円から。同社では、初年度に1億円、3年後5億円の売上を目指している。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加