Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始

サービス&セキュリティは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を大阪府内に開設し、セキュリティ機器の運用監視サービスを提供開始した。

同センターを活用し、セキュリティ機器の運用監視やログ解析などのサービスを提供するもの。SOCの開設にあたっては3億円を投資したとしている。

ファイアウォールやウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、IDS、IPSなどの運用監視では、グループ会社であるセキュアソフトをはじめ、9社の機器に対応。

さらにセキュリティ機器のログを相関分析するログ監視サービスやウェブサイトの改ざん検知サービス、企業システムの脆弱性診断サービスなども提供する。

運用監視サービスの料金は、月額30万円から。同社では、初年度に1億円、3年後5億円の売上を目指している。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア