Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

支援学校で緊急連絡メールを誤送信 - 大阪

大阪府は、府立支援学校において緊急連絡メールの誤送信が発生し、生徒の保護者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同府によれば、支援学校が1月29日に生徒の保護者76人へ送信した緊急連絡メールにおいて、誤送信が発生したもの。送信先を誤って「CC」に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同日中に別の教員が気付いて判明。対象となる保護者にメールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。また翌30日に、全保護者を対象に説明と謝罪の書面を配布した。

(Security NEXT - 2018/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツアーの案内メールで誤送信、顧客から指摘で判明 - アルピコ交通
投資家向けメールを誤送信、メアド流出 - 旭硝子
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 大阪信用保証協会
イベント案内メール誤送信で学生のメアド流出 - 京都教育大生協
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 東北大病院
メールを誤送信、意見調査対象の事業者間でメアドが流出 - 大阪市
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - ライフ
施設の利用登録者宛てメールで誤送信 - 福祉事業者
新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 日本スポーツ振興センター