Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴

急激な相場上昇などで注目される仮想通貨に便乗した攻撃が発生している。「SpriteCoin」なる実在しない仮想通貨のウォレットとして配布されていたファイルの中身はランサムウェアだったという。

同ランサムウェアは、フォーティネットが確認したもの。仮想通貨に関心を持つ人々が集まるフォーラムなどで拡散されていると見られている。

攻撃者は、実在しない「SpriteCoin」なる仮想通貨について収益性が高いなどと吹聴。ウォレットに見せかけて実行ファイル「spritecoind.exe」をダウンロードさせていた。

ダウンロードのリンクには、信用できない場合は、ダウンロードしたファイルを、複数のマルウェア対策エンジンでチェックが行えるオンラインサービス「VirusTotal」でスキャンしてみてほしい、などと記載。あたかも正規のファイルであるかのように装っていた。

(Security NEXT - 2018/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 69」をリリース、仮想通貨マイニングをブロック - 脆弱性20件を修正
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃 - 「72時間以内にアカウント停止」と不安煽る
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破