Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴

急激な相場上昇などで注目される仮想通貨に便乗した攻撃が発生している。「SpriteCoin」なる実在しない仮想通貨のウォレットとして配布されていたファイルの中身はランサムウェアだったという。

同ランサムウェアは、フォーティネットが確認したもの。仮想通貨に関心を持つ人々が集まるフォーラムなどで拡散されていると見られている。

攻撃者は、実在しない「SpriteCoin」なる仮想通貨について収益性が高いなどと吹聴。ウォレットに見せかけて実行ファイル「spritecoind.exe」をダウンロードさせていた。

ダウンロードのリンクには、信用できない場合は、ダウンロードしたファイルを、複数のマルウェア対策エンジンでチェックが行えるオンラインサービス「VirusTotal」でスキャンしてみてほしい、などと記載。あたかも正規のファイルであるかのように装っていた。

(Security NEXT - 2018/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で
「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
過去に「Zaif」OEM利用のフィスコ仮想通貨取引所、不正アクセスの影響を否定 - 直前に別システムへ移行済み
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも