Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨取引所ZaifのAPIキーに不正アクセス - 不正な取引や引出が発生

テックビューロが運営する仮想通貨取引所のZaifにおいて、不正取引や不正出金が発生したことがわかった。

1月6日夕方から7日未明にかけて、同社が利用者向けに発行している「APIキー」を悪用した不正アクセスを受けたもの。利用者からサポート窓口へ身に覚えのない出金や取り引きが行われたとの連絡があり、問題が発覚した。

海外のホスティング会社と見られる4件のIPアドレスが発信元となっており、10件のアカウントにおいて37件の不正出金が実行されたほか、15件のアカウントで137件の不正注文が行われた。

今回の不正アクセスでは、2014年8月から2016年6月にかけて作成された102件のAPIキーが攻撃対象となっていた。18件に関してはすでに削除済みで操作できない状態だったという。

(Security NEXT - 2018/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き