Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策

VMwareは、ゲストOSにおける脆弱性「Spectre」の影響を緩和するため、「VMware vCenter Server」「VMware vSphere ESXi」「VMware Workstation」「VMware Fusion」向けにアップデートをリリースした。

CPUの投機的実行に対してサイドチャネル攻撃が行われ、情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2017-5715」、別名「Spectre」が明らかとなったが、ハイパーバイザーを利用することでゲストOSにおける脆弱性の影響を緩和する対策をあらたに追加したもの。重要度は「重要(Important)」。

「Spectre」に関して同社では今回のアップデートに先立ち、仮想マシンから、同じホスト上で実行されている別の仮想マシンに情報が漏洩するハイパーバイザー固有の脆弱性について、すでにアップデートをリリースしている

今回のアップデートでは、さらにハイパーバイザーの投機的実行の制御メカニズムを仮想化することで、ゲストOSにおけるブランチターゲットインジェクションの影響を緩和した。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ