Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か

2017年5月に感染が拡大したワーム機能を備える「WannaCrypt」だが、その後も毎月2000台前後の端末から検出されていることがわかった。根本的な原因となる脆弱性を修正しておらず、繰り返し攻撃を受けている可能性もある。

「WannaCrypt」は、マイクロソフトが同年3月に修正した「SMB v1」の脆弱性を悪用して感染を拡大するワーム機能を備えたランサムウェア。「WannaCry」や「WannaCryptor」「WanaCrypt0r」「Wanna Decryptor」「WCry」といった別名でも知られる。

トレンドマイクロによれば、攻撃が発生した2017年5月に同社製品の利用者の3100台から同ランサムウェアを検出したが、その後減少は見られるものの、毎月一定数の端末より同ランサムウェアが見つかっており、攻撃から約半年が経過した11月の時点でも1900台から検出されたという。

いずれも暗号化による被害の発生前にファイルが検出されたもので、「WannaCrypt」による実質的な被害は発生していないと見られるが、侵入する原因となる脆弱性が修正されていない状態だと見られる。

20180110_tm_001.jpg
「WannaCrypt」検出数の推移(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2018/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性
Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートをリリース
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を