Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会

セーファーインターネット協会(SIA)は、個人情報を詐取したり、代金を支払っても商品を発送しないいわゆる「詐欺サイト」の通報窓口「悪質ECサイトホットライン」を開設した。日本サイバー犯罪対策センターと連携し、被害防止に乗り出す。

同窓口は、金銭や個人情報、クレジットカード情報などの詐取を目的とした悪質なサイトに関する情報提供を一般から受け付けるもの。通報は、同協会のウェブサイト内に設置された通報フォームから送信できる。

通報者のメールアドレスの提供は任意。通報された情報は、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)へ提供し、情報提供の強化や、詐欺サイトの手口の解明など、被害防止策に活用される。

同協会では、2014年に「なりすましECサイト対策協議会」を設立。これまでも被害実態の調査や対応マニュアルの提供など、EC事業者向けの支援に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2017/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」