Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会

セーファーインターネット協会(SIA)は、個人情報を詐取したり、代金を支払っても商品を発送しないいわゆる「詐欺サイト」の通報窓口「悪質ECサイトホットライン」を開設した。日本サイバー犯罪対策センターと連携し、被害防止に乗り出す。

同窓口は、金銭や個人情報、クレジットカード情報などの詐取を目的とした悪質なサイトに関する情報提供を一般から受け付けるもの。通報は、同協会のウェブサイト内に設置された通報フォームから送信できる。

通報者のメールアドレスの提供は任意。通報された情報は、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)へ提供し、情報提供の強化や、詐欺サイトの手口の解明など、被害防止策に活用される。

同協会では、2014年に「なりすましECサイト対策協議会」を設立。これまでも被害実態の調査や対応マニュアルの提供など、EC事業者向けの支援に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2017/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大