Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会

セーファーインターネット協会(SIA)は、個人情報を詐取したり、代金を支払っても商品を発送しないいわゆる「詐欺サイト」の通報窓口「悪質ECサイトホットライン」を開設した。日本サイバー犯罪対策センターと連携し、被害防止に乗り出す。

同窓口は、金銭や個人情報、クレジットカード情報などの詐取を目的とした悪質なサイトに関する情報提供を一般から受け付けるもの。通報は、同協会のウェブサイト内に設置された通報フォームから送信できる。

通報者のメールアドレスの提供は任意。通報された情報は、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)へ提供し、情報提供の強化や、詐欺サイトの手口の解明など、被害防止策に活用される。

同協会では、2014年に「なりすましECサイト対策協議会」を設立。これまでも被害実態の調査や対応マニュアルの提供など、EC事業者向けの支援に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2017/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ