Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」

電子マネーやスマートフォンの決済サービスを利用したくない人の約3割が、セキュリティ上の不安を理由に挙げていることがわかった。

MMD研究所がスマートアンサーと共同で11月13日にインターネットで調査を実施し、結果をまとめたもの。スマートフォンを所有している東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県在住の20代から40代の男女1336人が回答した。

日常や旅行先での買い物、飲食などで「プリペイド式の電子マネー」を利用していると回答した人は45.7%。「ギフトカード式の電子マネー」は16.5%、「スマートフォンを利用した決済サービス」は7.5%が利用していた。

もっとも利用しているスマートフォンの決済サービスを聞いたところ、「おサイフケータイ」が30%。「LINE Pay(21%)」「Apple Pay(20%)」「楽天ペイ(13%)」と続く。一方、電子マネーでは「Suica」が38.1%でもっとも多く、「PASMO(20%)」「nanaco(12.4%)」「楽天Edy(12.3%)」が続いた。

一方、プリペイド式電子マネーやスマートフォンの決済サービスを利用していない人に、今後の利用意向を聞いたところ、電子マネーでは16.4%が「あまり利用したくない」「利用したくない」と回答。スマートフォン決済サービスでは30.3%と3割を超えた。

利用したくない理由について尋ねたところ、「セキュリティが不安だから」を挙げる人がいずれも最多。プリペイド式電子マネーでは29.4%、スマートフォン決済サービスでは44.3%にのぼる。また「悪用されると不安だから」「スマートフォンの紛失、故障が怖いから」「登録が面倒だから」という声も聞かれた。

20171218_mm_001.jpg
理由したくない理由(グラフ:MMD研究所)

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンキングの不正送金、2016年は1291件で16.8億円の被害
2015年の10大消費者問題 - 年金情報流出やマイナンバー詐欺
ユーザーのブラウジングデータを利用したDBD攻撃対策 - NICTら開発
【不正送金】ネットバンク被害、18億円超で過去最悪 - 法人被害額は7.6倍に
フィッシング報告件数が再び急増して4000件超 - 過去2番目の高水準に
2013年のネットバンク不正送金被害は約14億円、過去最悪 - 6月以降急増
有料SMSを送る「Android.SmsSend」亜種が急増、8月に22種検知 - Dr.Webレポート
「PCが苦手な人」が簡単、安心して利用できるPCの条件
市場導入以降セキュリティ事故1件もない - FeliCaの脆弱性報道にソニーが反論