Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム

アイビーシーは、ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム「kusabi」の実証実験を開始した。

同サービスは、ブロックチェーンを利用した認証システムと、デバイスのプロビジョニングシステムを組み合わせたもので、IoT機器によるシステムを構築するためのソリューション。

IBMによるアプリケーション開発のコンサルティングサービス「IBM Cloud Garage for Blockchain」を活用。認証局やハードウェアに依存せず、機器を認証できる環境を提供するとし、マルウェア対策については、ホワイトリストを利用することで不要になると説明している。

同社では、同サービスの実証実験を推し進め、実用化を目指すとしており、IoTデバイスベンダーやインテグレーターによるエコシステムを構築していきたいとしている。

(Security NEXT - 2017/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収