Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる

2017年第3四半期に観測されたフィッシング攻撃は、3年ぶりの低水準となった前四半期から一転増加し、13万4720件だった。

EMCのセキュリティ部門であるRSAが、同四半期に観測したフィッシング攻撃の状況を取りまとめたもの。

2016年第2四半期の51万6702件をピークに減少傾向が続き、2016年第4四半期28万4367件から3四半期連続で減少。前四半期は約3年ぶりの低水準となる10万1662件だった。

しかし、2017年第3四半期には再び増加に転じ、10万件台前半で推移していた2015年と同水準まで戻しつつあり、今後の動向が注目される。

20171205_em_001.jpg
フィッシング攻撃数の推移(グラフ:EMC)

(Security NEXT - 2017/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も