Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供

ICS研究所、NTTセキュリティ・ジャパン、NTTコミュニケーションズの3社は、制御システムの設計や構築、運用を行う技術者を対象に、IoTセキュリティの学習プログラムを、2018年2月1日より提供する。

同サービスは、ビデオ講義やeラーニング、ハンズオンによる実習で構成されたIoT分野のセキュリティを学習できるプログラム。脅威やセキュリティに配慮したシステム設計、インシデント対応などを学習できるオンデマンド方式のビデオ講座など、学習プログラムを有料で提供する。

また学習内容を確認できる無償の技術検証プログラムを用意。実際に業務で利用する制御システムなどを用いたハンズオン環境では、複数ベンダーのセキュリティ対策製品や技術を検証できるほか、課題解決に向けた体験学習が可能。

3社は同サービスの展開にあたり、セキュリティ対策製品や制御システムの構成装置、試験用ツールなどを提供する協力ベンダーについても募集していく。

(Security NEXT - 2017/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス